第21回ラプラス定例会 開催しました。

第21回ラプラス定例会 開催しました。

横浜で活動する女性起業家団体「ラプラスよこはま」では、毎月定例会を開催しています。第21回目となる今回は合同会社バンビーノ代表 坂東 友恵 (Tomoe Mitsuya Bando)さんをゲストにお迎えし、様々なディスカッションを行いました。

第21回ラプラス定例会

女性起業家の皆さんが利用したことのある外注サービスについて(坂東さん)

  • 事業を一人、もしくは少数で経営されている場合、多少なりとも外注サービスを利用されていると思います。
  • 家事育児など限られた時間の中でどういった業務を外注していますか。
  • ご自身が不在(海外駐在等)になった場合でも事業が継続できるような仕組みに必要なことについて、皆さんのご意見をお聞かせください。

今まで長い時間と努力を積み重ねてやっと完成した商品。取引先も徐々に増え、これからさらに事業を展開してと思っていた矢先に遠方へ引っ越し!?
女性の起業家であればご主人の転勤で遠方や海外へ移住することも有ります。製造・販売は日本、でも生活は海外と言う女性の起業家もこれからますます増えてくるのではないでしょうか。
取引先との打ち合わせはスカイプや電話を利用してでも可能ですが、生産や販売についてどこまで人に託せばいいのか、いざトラブルが有った時に自分がすぐに対応できる場所に居なくても問題ないのか等、初めてであれば不安は尽きません。

「こどもトランプ1to10」を開発、販売している坂東さんも、遠方にいる間も出来る限り事業を一人で回していけるような外注サービスや仕組みが有れば利用したいと考えているそうです。坂東さんのご質問について皆さまからは、

  • クラウドソーシングなどを利用
  • 検品の作業を外注する
  • 今後考えられる問題を整理しておく
  • 作業マニュアルの整理
  • 取引先との信頼関係の構築
  • 外部スタッフを雇った場合、雇わなかった場合のメリットデメリットを挙げ、検討する

また、

  • 自分がいないのに商品を販売することは対外的にみてどうなのか
  • 法人と取引するときに継続して契約してもらえるのか

と言った新たな不安に対しても、取引先との窓口が機能していれば問題ないのではないか、現在の取引先とのモデルを確立して今後の取引先に展開していけば良いのでは等、今後の事業に生かせる貴重なご意見を伺うことが出来ました。

第21回ラプラス定例会

振り返り&コミットメント「先月の目標達成度&今月の目標」

ラプラスよこはま定例会では参加の皆さまが「先月の目標達成度&今月の目標」をお話する時間を設けています。毎月行うことによってより明確な目標設定へと繋がり、次のステップへの成長へとなります。また、人前で宣言することで、それを達成しなければ!という自身のやる気にも繋がります。

次回第22回定例会は2017年6月20日(火)10時からです

次回は平成29年度ラプラスよこはま臨時総会になります。今回からWEB会議での参加も可能になります。みなさまのご出席お待ちしております。

その他、様々なディスカッションを実施しました

本会の詳細については、ラプラス会員のみ以下の会員限定コンテンツより閲覧可能です。

横浜女性起業家コミュニティラプラスよこはま|会員限定記事
第20回ラプラス定例会 開催しました。

第20回ラプラス定例会 開催しました。

横浜で活動する女性起業家団体「ラプラスよこはま」では、毎月定例会を開催しています。第20回目となる今回はアドバイザーでもある株式会社フューチャーネットワークス代表取締役 中山いその 社長にお越しいただき、メンターとして会員の起業に対する悩みや質問にお答えいただきました。

第20回ラプラス定例会

「中山社長に聞いてみよう!」のコーナー

株式会社フューチャーネットワークス 代表取締役 中山いその

第20回のラプラス定例会では女性起業家で当団体のアドバイザーの株式会社フューチャーネットワークスの代表取締役中山いその社長にお越しいただき、女性起業家ならではの悩みや疑問、不安等についてお答えをいただきました。

当日は参加の皆さまからは…

事業が軌道に乗った際のモチベーションの保ち方について

事業の立ち上げは得意だが、事業が軌道に乗ってくるとモチベーションが下がってしまう。いかにモチベーションの保っていけばいいのか。

経営者として従業員との接し方

アルバイトや社員等色々な従業員がいる中で、経営者として各々に対してどのような距離感を持って接するのが好ましいのか。

インターンが多いと社員が育たない

大学の卒業と同時に辞めてしまうため、今まで教育したものが無駄になってしまう。

第20回ラプラス定例会

外部パートナーとの仕事、どのように業務を進めていけば良いのか

今後外部パートナーと組んで事業を展開する予定がある。業務の進め方で気を付けなければいけないことは何か。

外部パートナーを管理してくれるスタッフ、どのようなスキルを持った人をどのように探せば良いのか

外部パートナーに仕事を委託しているが、複数人居るためパートナーを管理してくれるスタッフが必要。どのようなスキルを持った人材をどのように探せば?

本業とは少し外れた仕事、本業とのバランスをどのようにとれば良いのか

完全に畑違いではないが、本業とは少し外れた仕事。いずれは繋がりが出てくると思うが、本業とのバランスをどのようにとれば良いのか。

第20回ラプラス定例会

独りですべての業務をこなしていると生産性が悪い。

パートナーの能力も差があり育てていくのも時間がかかる…

ホームページは一営業マン?

ホームページにどこまで情報を掲載するべきか。

いつになったら正社員を雇えば良いか。

仕事を取ってくるのが先か、従業員確保が先か?そのタイミングや経営状態など…

等の質問が出ました。

過去には「女性起業家メンター事業」のメンターなど、多くの女性起業家の課題の解決に向けた助言・指導に当たられた中山社長。そのようなご経験も踏まえた中山社長の的確なアドバイスやご提案は、明日すぐにでも実践できるような具体的かつ実現性の高いものばかりでした。
また、成功のポイントや注意した方が良い案件の見分け方…等、伺うことの難しい貴重なお話も。
短い時間ではありましたが密度の濃い定例会となり、皆さんの更なるステップアップに繋がることとなりました。
中山社長、お忙しい中貴重なお話をどうもありがとうございました。

その他、様々なディスカッションを実施しました

本会の詳細については、ラプラス会員のみ以下の会員限定コンテンツより閲覧可能です。

横浜女性起業家コミュニティラプラスよこはま|会員限定記事
第19回ラプラス定例会 開催しました。

第19回ラプラス定例会 開催しました。

横浜で活動する女性起業家団体「ラプラスよこはま」では、毎月定例会を開催しています。第19回目となる今回はLM総合法律事務所 弁護士 國澤絵里さん株式会社Manabelle代表取締役 小林 コトミさんをゲストにお迎えし、様々なディスカッションを行ないました。

第19回ラプラス定例会

女性起業家のネクストステージを応援!女性専用シェアオフィスを作りたい!

近年、家庭と仕事の両立を目指す女性の新しい働き方の一つとして、「女性の起業」が注目を浴びています。「女性の起業セミナー」が各地で頻繁に開催されるなど、女性が起業しやすい社会となっています。

横浜には起業間もない女性起業家を支援するための「スタートアップオフィス」として「F-susよこはま」というシェアオフィスがあります。

起業直後の売り上げが不安定な時期を支援するためのシェアオフィスであるため、事務所利用料はとても低価格で、活用しやすいシェアオフィスとなっています。(利用には条件があります)

当団体が毎月定例会を開催している場所も、この「F-susよこはま」のセミナールームとなっています。
女性が利用しやすいとても理想的な施設なのですが、この「F-susよこはま」には利用制限があり、入居してから3年しか在籍することができません。3年のうちに売上を拡大し、卒業時には個人でオフィスを借りることができる…というところまで業績を伸ばすことが目標ですが、3年ではなかなか結果が出ず、3年事業を継続しても個人でオフィスを借りるのはとても負担が大きいという事業主も多くいます。

このようなネクストステージを目指す女性起業家にとって、次のステップに進むために必要なものや、どのようなシェアオフィスならば次のステップに進めるかご意見を伺いました。

皆さんの事業を次のステップに進めるために必要なモノを教えてください

  • 集中して仕事をできる環境
  • 経営支援ができる専門家、メンター
  • 細かい作業が得意な秘書的な存在
  • メディア等との繋がり

女性の起業家は自宅で仕事をしている方が多いですが、自宅だとなかなか集中して仕事ができない、事業を広めるのに忙しく事務処理や電話対応など細かい作業まで手が回らないと言った悩みがあるようです。

どのようなサービスがあるシェアオフィスだったら次のステップに進めますか?

  • 24時間365日、時間制限のないオフィス
  • 声の漏れない会議室
  • 情報交換が出来るコワーキングスペース
  • お客様も利用しやすい立地

情報交換の出来るオープンスペースの他にも、商談や会議と言った外部に情報を漏らさないためのクローズスペースも必要ですね。

また、集中して仕事をしたい!と思った時に時間を問わずいつでも利用できる環境や、遠方のお客様でも打ち合わせなどで立ち寄っていただく際にアクセスしやすい立地であると大変利用しやすいと言った意見が有りました。

皆さん上記のような、限られた時間の中で最大限の成果を出せるようなサービスをシェアオフィスに求められているようです。

顧問未満!女性弁護士と女性起業家がつながるサービスを提供したい!

『弁護士』と聞くとあまりご縁が無く少し遠い存在…少し構えてしまいますが、やはり女性起業家としては、同性の女性弁護士さんですとお話しもしやすいですね。

今は女性弁護士の人数も増えてきましたが、最初から顧問弁護士として契約するのは感覚的にも金銭的にもハードルが高いようです。

このような状況を踏まえて、國澤さんは「普段からもう少し気軽に相談できる環境やサービスが有っても良いのでは?」と考えていらっしゃいました。

今回は「弁護士にどのようなことを相談してみたいか、またどのようなサービスだったら利用してみたいと思うか?」について、ご参加くださった皆さまから様々なご意見をいただきました。

  • 企業と契約する際、契約書の内容の妥当性を判断してほしい
  • 起業のそれぞれのフェーズで何を知っておくべきか教えて欲しい
  • 事業が大きくなった時に初めてトラブルにならない様に、事業が小さいうちから色々助言をして欲しい

また、國澤さんからは「女性起業家の皆様は、ギリギリになって弁護士事務所に訪れる方が多いです。しかし、本当は弁護士が必要になるタイミングよりも、もう少しだけ早く弁護士と会っておく方が、いざという時によいですよ。もっとお気軽にご相談ください」とおっしゃっていました。

シェアオフィスなど、起業家が集まるコミュニティスペース専属の法律専門家がいると、直接連絡を取って予約を入れてと言うハードルが下がるため、気軽に相談しやすくなりますね。

第19回ラプラス定例会

アイデア・パーク代表 北村ゆかさん、第50回なるほど展に出展しました

ラプラスよこはま会員のアイデア・パーク代表 北村ゆかさんが2017年年3月5日(日)~11日(土)有楽町東京交通会館で開催された「第50回なるほど展」に出展いたしました。

主催の婦人発明家協会は60年以上の歴史を誇る協会で、今でもたくさんの女性発明家が加盟しています。イベント当日は70代、80代の女性も元気にご自分の発明を紹介・販売しておりパワーあふれる会場になりました。

また、楽しい発明品が大好きな方、発明に興味のある女性の方たちだけでなく、各テレビ局やラジオ局、海外メディア等も会場に集まり大盛況の3日間となりました。

その他、様々なディスカッションを実施しました

今月は上記以外に

  • 女性専用シェアオフィスについて
  • 女性起業家の利用できる助成金について

…などのディスカッションを行いました。

詳細については以下会員限定コンテンツとなります。

横浜女性起業家コミュニティラプラスよこはま|会員限定記事
第18回ラプラス定例会 開催しました。

第18回ラプラス定例会 開催しました。

横浜で活動する女性起業家団体「ラプラスよこはま」では、毎月定例会を開催しています。第18回目となる今回はアイデア・パーク代表 北村ゆかさんに定例会幹事をお願いし、今年の抱負や事業をしていく上での「困ったこと」についてディスカッションを行ないました。

営業電話ばっかり?女性起業家、今時の電話事情~電話代行編~

第18回ラプラス定例会

起業して法人登記した直後や、メディアに掲載された後は、営業電話が多くかかってきます。実はこの対応、結構大変なんですよね。

大切なお客様は逃したくない、でも電話の対応だけで時間ばかりが過ぎてしまう…そんな忙しい起業家に便利なサービスが「電話代行」です。

最近は色々なサービスが展開されていて、電話代行だけのサービスやバーチャルオフィスがついたサービスなど様々です。

価格もピンキリですので、それぞれ実態にあったサービスを選んでみてください。

1点注意点としては、代行で電話を取るスタッフが教育されていなかったり、在宅スタッフのために電話に出れなかったり…といった状況もあるようです。

サービス契約の場合はそのあたりをしっかり見極めて利用してくだい。

固定電話、持った方が良いの?女性起業家、今時の電話事情~固定電話番号編~

近年固定電話を持たない若者が増えています。

そんな流れと逆行してしまいますが、起業することにより固定電話を持つ起業家も増えています。固定電話を持つという事は、住所のあるオフィスを持ち信用も出来るというイメージがまだあるようですね。
しかし、固定電話を持つのは結構大変。

そこでおすすめなのが、「固定電話の電話番号が安く持てる」方法です。

方法①:携帯電話キャリアのサービスを利用

携帯電話を契約すると、事業主向けに固定電話番号を発行してくれるサービスがあります。

方法②:スマホで受発信できる固定電話サービス

サービスプロバイダー等が提供している固定電話番号を発行してくれるサービスです。スマホにアプリを入れることにより固定電話番号を代表番号として発着信、誰でも応答できます。

このようなサービスを使い固定電話の番号を持っていると、電話代行サービスを自由に切り替えても電話番号が変わらず運用が便利です。

安い価格から始まり、幅広いオプションもあるので気軽に導入することが出来ます。

アイデア・パーク代表 北村ゆかさんが「第50回なるほど展」に出展します

アイデア・パーク 代表 北村ゆか

ラプラスよこはま会員のアイデア・パーク代表 北村ゆかさんが有楽町東京交通会館で開催される「第50回なるほど展」に出展します。

「なるほど展」とは、婦人発明家協会主催の女性限定の発明コンクールです。毎年全国からの多数の応募があり、厳選に審査した結果選ばれたアイデア作品が展示会に並びます。

「なるほど展」には北村さんの発明した「ふえピタ®」も紹介、販売します。

ふえピタ®」とは、半透明のシールをリコーダーの笛穴に貼ることにより笛穴をしっかり押さえ音漏れをふさいでくれるアイデア商品です。

北村さんは、ご自分が発明した「ふえピタ®」が、多数ある展示ブースの中でどのようにすればみなさんの目につくか、実際に手に取っていただけるかを考えて展示しているそうです。

ふえピタ®

過去の「なるほど展」で受賞したアイデア作品の中には特許を取得した商品も多数あります。アイデア商品好き、便利グッズ好きの方はわくわく感に満ちあふれたのコンクール、展示・即売会です。

ぜひ遊びにいらしてください。

第50回 なるほど展

会期 平成29年3月5日(日)~11日(土)
(初日3/5は13時より 最終日3/11は17時まで)
会場 東京交通会館(B1F)ゴールドサロン
主催 一般社団法人 婦人発明家協会

不動産事業主から見る、女性起業家が物件を借りる時に気になること

第18回ラプラス定例会

株式会社ハピネススタイル代表取締役 中村多喜子さんは、主に女性起業家様向けに物件をご案内しています。

中村さんのご経験上、女性起業家が起業のために物件を探す場合、以下のような課題があるとのことです。

  • 起業するにあたり勉強した人でも、実際に起業してみないとわからないことが多い。また、起業そのものに対する決心や考え方の温度差が激しい。
  • 目を引く価格や立地だけで契約すると、考えていたイメージと違うということがよくある。

このような女性起業家に多くの物件をご紹介してきた中村さんとしては、不動産事業主として実際に起業した後のイメージが湧くようなアドバイス、物件を今後もご紹介していきたいと考えているそうです。

また、今後の新たな活動として主催のイベントなど不動産に関連した事業を幅広く展開してきます。

その他、様々なディスカッションを実施

今月は上記以外に

  • 女性起業家が使いやすい助成金について
  • 女性専用シェアオフィスについて
  • 横浜ウーマンビジネスフェスタ: 横浜女性ネットワーク会議に参加して感じたこと

…などのディスカッションを行いました。

詳細については以下会員限定コンテンツとなります。

横浜女性起業家コミュニティラプラスよこはま|会員限定記事
第16回ラプラス定例会 開催しました。

第16回ラプラス定例会 開催しました。

横浜で活動する女性起業家団体「ラプラスよこはま」では、毎月定例会を開催しています。第16回目となる今回は、ラプラス会員の皆さまと女性起業家の本音に迫るディスカッションを行いました。

ラプラスよこはま定例会
ラプラスよこはま定例会

女性起業家本音トーク(融資、補助金、起業家マインド、女性起業家支援、ものづくり)

女性起業家のビジネスマインド

女性のビジネスマインドは男性より低いと言われています。
近年、一部の企業では女性の出産、育児に対しての制度が整いつつありますが、まだ恩恵を受けられない女性が多数いるのが現実です。男性の育児休暇取得率もまだ低いですね。このような現状の中、どうしても結婚、出産、育児などで社会から離れてしまいがちです。
すると、いざ起業となった時に社会人としてのスキルが乏しいため、苦労する女性も多いようです。ビジネスマインドが成熟していないため、一部の男性の中には女性と仕事をすることが難しいと言った厳しい意見もあります。
起業の前に社会人としてのスキルを改めて見直し、再度身に着けてみてはいかがでしょうか。

女性の起業支援

国の政策として女性の起業を支援しており、自治体主催の様々な起業セミナー、起業支援プロジェクト、イベントなどがあります。しかし、実際に起業した女性からは起業直後のフォローや、メンターに出会えない等といった意見が出ました。
自治体や団体から等、第三者からのフォローありきで起業する女性はいません。しかし、起業してはじめて浮かび上がる疑問や課題に対しても助言を頂けるような支援がほしい!と言う意見もありました。

融資体験談

金融機関からの融資について、皆さまの体験談をお話ししていただきました。
創業した直後は融資が受けやすい環境であるのに対し、いざ決算書を持っていくと審査が通らず融資してもらえないこともあるそうです。
皆さま融資を受けるのはとても大変!と共通したご意見でした。融資を受けるのはいつがベストタイミングか、銀行口座開設のポイントなど実体験を交えた様々なお話が出ました。

補助金のお話

事業を始めるにあたって資金調達の一つとして補助金や助成金を検討する起業家も多いのではないでしょうか。国や地方自治体には多種多様な補助金や助成金が有ります。
今回は実際に採択された事業計画・採択されなかった事業計画をサンプルとして、記入例、写真、図、表の活用方法、コツ等を比較しました。
具体的なアドバイスもあり大変勉強になった、次回の申請に向けてぜひ活用してみたいと言ったご意見がありました。

ものづくりのお話

ものづくりを事業の主軸としている会員の皆さまから、モノが出来上がるまでのお話を伺いました。
何度も試作品を作り、型を作りやっと一つのモノが出来上がります。出来上がってからも量産体制を整えるため作業をする人、梱包する人、検品する人といった人材の確保など、製品が一つ完成するのに様々な行程と人、時間がかかるという実体験をお話いただきました。
また、パーツが細かい製品については、パーツ分の型が必要になるため、パーツが少ない製品と比較しお金がかかるというお話も出ました
なんとなく手にしているモノが、製品として出来上がり販売経路に乗るまでに莫大な時間と手間とお金がかかるという事が非常に良くわかりました。

ラプラスよこはま第17回定例会

シェアタイム「みなさんに伝えたいこと、最近聞いた面白い話等」

ラプラスよこはま定例会では皆さんとシェアタイムを設けています。
その中で、定例会に参加したことによる収穫を明確にし、参加のみなさまとシェア&ディスカッションを行い、今後の事業に役立てていただいています。

次回の第17回ラプラス定例会は2017年1月17日(火)10時からです

皆さまのご出席お待ちしております。ぜひご参加ください!

その他、様々なディスカッションを実施しました

詳細については以下会員限定コンテンツとなります。

横浜女性起業家コミュニティラプラスよこはま|会員限定記事
第15回ラプラス定例会 開催しました。

第15回ラプラス定例会 開催しました。

横浜で活動する女性起業家団体「ラプラスよこはま」では、毎月定例会を開催しています。第15回目となる今回は、ゲストに株式会社メタモルフォー代表取締役 久保 彩様にお越しいただきました。久保様は横浜の女性起業家団体「横浜女性起業家スクウェア(http://y-ws.com/)」の創始者で、以前は団体の代表を務めていらっしゃいました。久保様には、メンターとして起業時の悩みや事業主ならではの疑問にお答えいただきました。

「株式会社メタモルフォー代表取締役 久保彩 さまに聞いてみよう!」のコーナー

久保様プロフィール

久保様は建築会社勤務後、職業適性検査を受けたところインストラクターの資質が有ると出たことから、未経験でも出来るスポーツインストラクターをご経験されました。その後、ご自身の資質を生かし、2007年に社員教育コンサルタント会社 株式会社メタモルフォー を創立しました。

2009年には横浜の女性起業家団体「横浜女性起業家スクウェア(http://y-ws.com/)」を立ち上げ、2014年まで同団体の代表を務めていらっしゃいました。

本日は起業して10年の久保様をメンターとしてお招きし、起業時の悩みや事業主ならではの疑問にお答えいただきました。

人脈作りや、交流会活性化のポイント等について

久保様からは人脈作りや、交流会活性化、価格のつけ方などについて、

  • 人脈づくり
    人脈はほとんど口コミ。たくさんの人と名刺交換するのではなく、輝いている人と名刺交換する。
  • 交流会活性化
    交流会に参加するときは準備をしっかりする(目的、参加者を調べる…等)
    交流会の主催の方がやって欲しいことを把握し、実行する
  • 価格の設定
    何事も変遷を残しておく

等のお話を伺うことが出来ました。

その他、質問など

また、当日参加の皆さまからは、

  • メタモルフォ―さまの理念はいつどのように決めたのか?
  • 上手なアポイントメントの取り方
  • 声をかけてきて「ちょっとこの人とは交流したくない…」って思った時はどうする?
  • 付き合いの短い人から大きな依頼がきた場合はどうする?

といったご質問がありました。

久保様がご自身の会社を起業してから10年。その間、女性起業家団体を立ち上げ代表としてご活躍していました。このようなご経験された久保様からは、ご自身の経験を基にした今すぐ実現可能なアドバイスや具体的なご提案をたくさんいただく事が出来ました。

また、ラプラスよこはまを運営するにあたってのアドバイスやポイント・注意点など、女性起業家団体を立ち上げた久保さんならではのお話をお伺いすることが出来ました。

参加された会員の皆さんは、久保さんの素晴しい話術に引き込まれ、様々な体験談に真剣に耳を傾けていました。
久保さん、お忙しい中貴重なお話をどうもありがとうございました。

次回の第16回ラプラス定例会は2016年12月13日(火)10時からです

皆さまのご参加お待ちしております。

その他、様々なディスカッションを実施しました

詳細については以下会員限定コンテンツとなります。

横浜女性起業家コミュニティラプラスよこはま|会員限定記事