横浜女性起業家コミュニティラプラスよこはま「定例会開催」

第21回ラプラス定例会 開催しました。

横浜で活動する女性起業家団体「ラプラスよこはま」では、毎月定例会を開催しています。第21回目となる今回は合同会社バンビーノ代表 坂東 友恵 (Tomoe Mitsuya Bando)さんをゲストにお迎えし、様々なディスカッションを行いました。

女性起業家の皆さんが利用したことのある外注サービスについて(坂東さん)

  • 事業を一人、もしくは少数で経営されている場合、多少なりとも外注サービスを利用されていると思います。
  • 家事育児など限られた時間の中でどういった業務を外注していますか。
  • ご自身が不在(海外駐在等)になった場合でも事業が継続できるような仕組みに必要なことについて、皆さんのご意見をお聞かせください。

今まで長い時間と努力を積み重ねてやっと完成した商品。取引先も徐々に増え、これからさらに事業を展開してと思っていた矢先に遠方へ引っ越し!?
女性の起業家であればご主人の転勤で遠方や海外へ移住することも有ります。製造・販売は日本、でも生活は海外と言う女性の起業家もこれからますます増えてくるのではないでしょうか。
取引先との打ち合わせはスカイプや電話を利用してでも可能ですが、生産や販売についてどこまで人に託せばいいのか、いざトラブルが有った時に自分がすぐに対応できる場所に居なくても問題ないのか等、初めてであれば不安は尽きません。

「こどもトランプ1to10」を開発、販売している坂東さんも、遠方にいる間も出来る限り事業を一人で回していけるような外注サービスや仕組みが有れば利用したいと考えているそうです。坂東さんのご質問について皆さまからは、

  • クラウドソーシングなどを利用
  • 検品の作業を外注する
  • 今後考えられる問題を整理しておく
  • 作業マニュアルの整理
  • 取引先との信頼関係の構築
  • 外部スタッフを雇った場合、雇わなかった場合のメリットデメリットを挙げ、検討する

また、

  • 自分がいないのに商品を販売することは対外的にみてどうなのか
  • 法人と取引するときに継続して契約してもらえるのか

と言った新たな不安に対しても、取引先との窓口が機能していれば問題ないのではないか、現在の取引先とのモデルを確立して今後の取引先に展開していけば良いのでは等、今後の事業に生かせる貴重なご意見を伺うことが出来ました。

第21回ラプラス定例会

振り返り&コミットメント「先月の目標達成度&今月の目標」

ラプラスよこはま定例会では参加の皆さまが「先月の目標達成度&今月の目標」をお話する時間を設けています。毎月行うことによってより明確な目標設定へと繋がり、次のステップへの成長へとなります。また、人前で宣言することで、それを達成しなければ!という自身のやる気にも繋がります。

次回第22回定例会は2017年6月20日(火)10時からです

次回は平成29年度ラプラスよこはま臨時総会になります。今回からWEB会議での参加も可能になります。みなさまのご出席お待ちしております。

その他、様々なディスカッションを実施しました

本会の詳細については、ラプラス会員のみ以下の会員限定コンテンツより閲覧可能です。

横浜女性起業家コミュニティラプラスよこはま|会員限定記事